川田裕美アナのあんこ料理がすごい!大福の「あんこ吸い」とは?

結婚報道で話題のフリーアナウンサーの川田裕美さん。大のあんこ好きとしても知られていますが、あんこをスイーツではなく料理として食べていることでも有名です。結構えげつない量のあんこが入っているそうですが、一体どんなあんこ料理なのでしょうか?

また、大福を食べるときの「あんこ吸い」も話題になっていますので、合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

川田裕美さんの創作あんこ料理

川田さんのあんこ料理が有名になったきっかけは、2017年に放送されたテレビ朝日『アメトーーク!』の「ついつい甘いモノ食べちゃう芸人」の回。


「あんこオタクの創作料理」として自慢のあんこ入り料理を3品紹介しました。

その後も、ご自身のブログでたくさんのあんこ創作料理を発表しつづけています笑。

 

あんこ創作料理1:「あんこ卵焼き」

中にたっぷりのあんこが入った卵焼きです。

川田裕美オフィシャルブログより)

ポイントは

  • 卵の方に塩を多めに入れて、あんこの甘さを引き立てる (アメトーークにて)
  • あんこは、冷蔵庫で冷やして少し固めにしておくと熱を入れても崩れにくい(オフィシャルブログにて)

だそう。

 

このあんこ卵焼き創作料理が発展し、2019年7月には、あんまん大手メーカーの井村屋から「卵焼きに合うあんこ」でできた卵焼きを試食する様子も投稿しています。


卵焼きのために作られた、甘さ控えめのあんこなら、卵焼きにも合いそうですね!

 

あんこ創作料理2:「あんグラタン」

次はなんと、あんこの入ったグラタンです。

川田裕美オフィシャルブログより)

一見普通のグラタンなのですが、一番上のチーズをめくると…結構スゴイ量のあんこが入っています。

材料は普通のグラタンとほぼ同じ。

  • マッシュポテト
  • ミートソース
  • ズッキーニ
  • あんこ(たっぷり)

の順に耐熱皿にのせて、最後にパセリとチーズをのせて焼くそう。

 

川田さんは自身のブログで「マカロニ無くても マッシュポテトと小豆粒で食べ応えアリ!」と自画自賛!笑

ちなみにあんこの大きさは「大きめの粒が合いまーす」とのことです。

 

あんこ創作料理3:「豚キムチ」

最も驚くのが「豚キムチあんこ入り」。

こちらも、グラタン同様、大量のあんこが豚キムチの横に鎮座しています…。

「アメトーーク!」のスタジオでは「なぜ?!」というツッコミに対し「マヨネーズをかける感じであんこをかけている」と笑顔で回答。

さらに、「あんこオタクの創作料理」はどれも自信作のようで「合うものしか持ってきてないですから!」と試食を進めていました。

スポンサーリンク

「あんこ吸い」とは?

また、大福の中のあんこを吸い出す姿も話題です。

 

きっかけはやはり、テレビ朝日『アメトーーク!』の「ついつい甘いモノ食べちゃう芸人」の回。

川田さんおすすめの、東京三大豆大福といわれる「松島屋」の豆大福を食べるときのオススメの食べ方が「中のあんこを吸う」で、以降この食べ方が定着したようです。


(松島屋の豆大福は美味しくてとっても有名です)

 

川田さんは番組の中で「(中のあんこが)甘さ控えめで、豆の味がとってもするので、中を吸い出して食べるのがおすすめ」と紹介。

  • 一口目は普通に食べる
  • 2口目からはあんこを吸い出して食べる

 

川田さんは自身のブログで「あんこ吸いだして食べるの、そんなに変かなぁ…!?!?」とコメントされていますが、「アメトーーク!」のスタジオからは悲鳴が聞こえていました笑。

その後、日本テレビ『ザ!世界仰天ニュース』出演時にも食べ方実践を披露するなど、「川田裕美さんといえば、大福のあんこ吸い」が定着していったようです。

 

まとめ

あんこ愛が高じて、独創的なあんこ料理と大福の食べ方を発明した川田さん。

私もあんこ大好きなので、見習いたいと思います!笑

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。