メグライアンの現在は?整形で激変したという噂を検証

1990年代に「ラブコメの女王」と呼ばれ世界的に有名になったハリウッド女優のメグライアンさん。「笑顔がかわいい!」と日本でも多くのファンの心をつかみました。

ですが、最近あまり映画で見かけなくなったのも事実…。

メグライアンさんは現在どうしているのでしょうか?整形で顔が激変しているという噂もありますので、合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

メグライアンさんは現在も映画に出ている?

メグライアンさんは、1981年(当時20歳)に映画『ベストフレンズ』でデビューしています。

 

(出典:www.eiga46.com

その後トム・ハンクス共演の『めぐり逢えたら』や『ユー・ガット・メール』などロマンティック・コメディにも主演し大ヒット。

「ラブコメの女王」と呼ばれ、日本も含め世界中で知られる女優になりました。

 

2003年(当時42歳)には、サスペンス系映画『インザカット』に出演しラブコメ以外にも挑戦しましたが、ヒットに恵まれず徐々に映画出演本数は減ってしまいました。

 

しかし、2015年(当時54歳)アメリカドラマ『涙のメッセンジャー 14歳の約束』で初監督としてデビューを果たしています!

盟友トム・ハンクスも出演し話題となりました。(日本では劇場未公開)

 

スポンサーリンク

整形で激変したのは本当?

2015年に初監督というキャリアを開拓したメグライアンさんですが、整形のしすぎで顔が激変したという噂があります。

 

2019年にインスタグラムに投稿したお顔がこちら。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Governors Awards!

Meg Ryan(@megryan)がシェアした投稿 –

 

個人的には、年齢を重ねてはいるものの「激変」というレベルではないかな?という印象です。還暦も近い女性にしては(失礼?)とってもお美しいのではないでしょうか。

 

ただ、「メグライアンの顔がおかしい!」と騒がれていた数年前(2017年)のお写真を見ると…

 

この投稿をInstagramで見る

 

😁

Meg Ryan(@megryan)がシェアした投稿 –

 

多少の違和感があるのは否めません…。笑

 

加齢に対して行う代表的な美容整形手術

・ボトックス注射
顔の表情を作る筋肉の動きを抑制し、シワを目立たなくする効果があるもの

・ヒアルロン酸注射
目の周りのくぼみや唇など、脂肪の萎縮に対するリフトアップ、ボリュームアップの効果があるもの

 

少しやりすぎてしまったのでは?という印象です。

 

ボトックス注射は、打つ箇所が多かったり、打つ量が多かったりすると、顔の表情が硬くなり「ちょっと引きつった顔」になってしまいます。ヒアルロン酸注射も、やりすぎりと「腫れぼったい顔」になってしまいます。

ただし、どちらも効果が持続するのは約半年ほど

2019年には自然な表情に戻られているので、この写真を撮った2017年当時は少しやりすぎてしまったのかもしれません。

 

まとめ

現在は、映画監督として新たなキャリアを進んでいるメグライアンさん。

整形のしすぎで顔が激変したといわれていますが、ある一時期のことだったようです。

今は、自然な表情に戻られているので、このまま美しく年を重ねてほしいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。