菊池桃子さんの若い頃が美しい!伝説のバンド「ラムー」とは?

一般男性と結婚したことを発表した菊池桃子さん。おめでとうございます。

51歳(2019年)となった今でもお美しいですが、若い頃の画像が見たくて調べてみました!

「ラムー」という伝説のバンドでも活動していたようなので、合わせてご紹介します。

 

スポンサーリンク

菊池桃子さんの若い頃

まずは、デビュー前と思われる貴重なお写真から。

あり得ないほどかわいいですね。

 

1984年「パンツの穴」出演時の菊池さんです。

 

デビュー曲「青春のいじわる」の頃の菊池さん。同じく1984年です。

この曲で、レコード大賞新人賞を受賞しています。

 


少し大人になり、今の面影がある菊池さん。

 

(出典:amazon.co.jp

まだまだありますが、どれも本当にお美しい。神がかっています。

スポンサーリンク

菊池桃子さんラムーとは

菊池桃子さんは若い頃、「ラムー」というバンドで活動をしていたことがあります

正しい表記は「RA MU」または「ラ・ムー」のようです。

出典:reddit.com

 

ロックバンド・ラムーは、フュージョングループのサポートミュージシャンとして活躍していたキーボーディストの松浦義和氏、黒人のバックコーラスなど総勢7人で1988年に結成されました。

東京の赤坂プリンスホテルで記者会見を行い、「これからはアイドル歌手ではなく、ロックバンドのボーカルとして活動します」と宣言。同時に、「アイドルでいることに違和感を感じていた」とも告白しています。

 

 

ロック寄りのポップソングでしたが(聞く人によって意見があります)、菊池さんのかわいらしい歌声を上手くマッチさせることができなかったのか、ヒットにはつながらず、残念ながら翌年1989年に解散となりました。

ラムーが「伝説のバンド」と言われるのは、活動期間の短さからだったのですね。

 

その後、菊池さんは女優へ転身、大成功を収めています。

 

こちらの記事もおすすめ

 

まとめ

菊池桃子さんの若い頃、ロックバンド「ラムー」についてご紹介しました。

アイドルとしてデビューし、ロックバンドのボーカル、女優、今では法政大学の修士まで取得され、民間議員まで務める菊池桃子さん。

色んなことにチャレンジし続ける精神は、尊敬です。それにしても、若い頃の写真、美しいですよね…。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。