静岡県議・諸田洋之のマスク転売は888万円!経歴や家族は?ヤフオクアカウント特定も!

全国的にマスクの品薄が続いていますが、静岡県会議員の諸田洋之議員がネットのオークションサイトでマスクを大量に出品していたと報じられました。現役議員が転売ヤーをしていたということで、非難が殺到しています。

諸田議員とは一体どんな人物なのでしょうか?また、マスクが出品されていたアカウントも特定され、転売額は1000万円をこえるとの噂も…。

調査してみました!

スポンサーリンク

 

静岡県議・諸田洋之の経歴や家族は?

まず、この方が諸田議員です。

引用:http://morotahiroyuki.jp/profile

 

諸田議員プロフィール

氏 名 諸田 洋之(もろた ひろゆき)
生年月日 昭和41年 9月 5日
血液型 O型
出身 焼津市
在住 焼津市
家族 妻、息子3人 うさぎ1匹
最終学歴 法政大学大学院(MBA)

 

2019年3月に行われた静岡県焼津市の選挙で当選。もともとは維新の会にいたようです。

 

公式ホームページには、

県議会議員として土俵にあげて頂き、その恩返しを心に誓い「しっかり仕事をすることと、しっかり報告をすること」の両輪を心がけてきました。しっかり仕事をするために、行動力勝負をモットーに地域のため、焼津市のため、静岡県のため走り続けてきました。

引用:http://morotahiroyuki.jp/profile

 

と意気込みが記載されています。

また、議員活動のほかにもインクカートリッジなどを扱う会社経営もされています。

この会社のホームページでは、「まとめ買い特典として、マスクをプレゼント」を謳っていたようですが…

「在庫がなくなったので終了」と掲載されています…

 

スポンサーリンク

静岡県議・諸田洋之のマスク転売は888万円!アカウント特定も!

諸田議員が転売したマスクについて、一部報道では

 

諸田議員は2月半ばごろから、2000枚セットのマスクを複数回にわたってネットのオークションサイトに出品。1回当たり数万円から十数万円で落札されていたという。

引用:https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5e632f91c5b68d616454a109

と言われています。

【3月9日追記】

諸田議員は記者会見を開き

1セット2千枚で、2月4日~3月6日に計89回出品。最高で17万2368円の値がつき、売り上げは計約888万円にのぼった

と発表しています。

 

ネットでは、入手したマスクの枚数は30万枚、オークションでの売り上げは数千万という噂も…。

 

実際に、諸田氏のヤフオクアカウントといわれているのが「gogohm2002」。(現在はすでに商品は削除されています)

 

 

 

3月4日にはマスク2000枚で600万円という、驚愕の高値で落札されていたそうです…。(きっとさらにまた転売されるのでしょう、、、)

 

この件に対し、諸田議員は

「マスクは、数年前にMERSの世界的流行があった際に経営する貿易会社で中国から仕入れた在庫品で、転売にはあたらず問題は無い」と説明する一方、「誤解を招きたくない」として、6日すべての出品を取り下げたということです。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200307/k10012318961000.html

と釈明していますが、ネットの反応はひややか…。

 

「てか転売ではなくオークションだからOKっていいわけがヤバすぎる」ってほんとそうですよね。

 

ちなみに諸田議員の公式ホームページには

長所 プラス思考(ポジティブ)
短所 短所を短所だと思わないこと

とありました…。ポジティブ…。。。。短所を短所と思わない。。。。笑

 

さらに、

政治をめざした高校生の時のきっかけが書かれたページでは「失敗してもやり直しができる世の中に」というメッセージも大きく掲げられています。。。

 

まとめ

静岡県議・諸田洋之議員のマスク転売の報道についてご紹介しました。

これまで発信してきた政治への意気込みが、今となっては自身に対する皮肉になってしまいましたね…笑

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。