【画像付き】マンガ大賞2020!「ブルーピリオド」名言を今一度まとめてみた

マンガ大賞を受賞した「ブルーピリオド」。何でもできるけどやりたいことがない少年が、美大を目指す話ですが、名言が多いことでも有名。

美術だけではなく、ほかの芸術や趣味に置き換えてみても、心にぶっ刺さりまくりの名言の数々…。画像付きで皆さん共有してくれているのでまとめてみました。

スポンサーリンク

 

ブルーピリオドって?

「ブルーピリオド」は月刊アフタヌーンで連載中の山口つばさ氏の漫画。

引用:https://kc.kodansha.co.jp/title?code=1000030103

 

あらすじ

成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつ、どこか空虚な焦燥感を感じて生きる高校生・矢口八虎(やぐち やとら)は、ある日、一枚の絵に心奪われる。その衝撃は八虎を駆り立て、美しくも厳しい美術の世界へ身を投じていく。美術のノウハウうんちく満載、美大を目指して青春を燃やすスポ根受験物語、八虎と仲間たちは「好きなこと」を支えに未来を目指す!

引用:https://kc.kodansha.co.jp/title?code=1000030103

 

コスパの高い人生を送ろうとしていたけど、絵に心を持っていかれて書いてしまい、「時間の無駄」だと葛藤しつつ描くのを辞められない。

  • 絵はコスパが悪いし「趣味」にした方がいいという気持ち
  • 絵への情熱が抑えれず「絵で食べていきたい」という気持ち

で葛藤しながら、絵の道に挑戦することを決め1年後の東京藝術大学合格に向けて挑戦していくというストーリーです。

 

スポンサーリンク

「ブルーピリオド」は名言オンパレード!

この漫画、名言が多くて多くて、本当に多くて…。(筆者もクリエイターのはしくれでして)

自分が今どの地点にいるかで刺さる言葉が変わってくるので、この漫画なんどもリピートしちゃうんですよね~

 

ご紹介しますね!

 

好きなことは趣味でいい これは大人の発想だと思いますよ

誰に教わったのか知りませんが頑張れない子は好きなことがない子でしたよ

好きなことに人生の一番大きなウエイトを置くのって普通のことじゃないでしょうか?

 

 

自分が「普通」だと思ってることは案外「その人らしさ」だったりするのよ

でも自分にとっての「普通」はみんなにとっても「普通」だと思っちゃうから

一人でソレに気づけないのよ

 

 

 

あなたが青く見えるなら、りんごもうさぎの体も青くていいんだよ

これは、本当に漫画誌の歴史にのこる名言。

 

 

 

 

選ばないって選択をすることも同じくらい大事

自分が今何を大事にしたいのかが少しずつわかる

 

結果を求めた人に結果が全てじゃないなんて言うつもりはないわ

 

 

 

作品はあきらめたらそこで完成

「諦めたらそこで試合終了」と同列に並ぶ名言ですよね。

 

 

 

 

引用:アル

好きなことをする努力家はね 最強なんですよ

 

 

引用:アル

矢口さんの言いたいこと教えてください 美術は文字じゃない言語なんですから

 

 

 

引用:アル

評価されるものはいくつも"強み"がある

気合入ります。

 

 

 

引用:アル

1位の絵じゃなくて矢口の「最高の絵」を目指さなきゃね

 

 

 

 

 

 

 

引用:アル

世の中は自信マンマンで楽しんでるヤツの方が魅力的に見えるのも知ってる

だから俺もずっと自信のある風に振る舞ってきた

でも絵の怖いとこはそれが全部バレるとこ

迷うと迷いがでますよねえ。。。

 

 

 

 

引用:アル

矢口さん芸術に失敗は存在しないんですよ

 

 

 

 

楽しいと思えるならまだ戦えるね

 

 

好きなことをやるって

いつでも楽しいって意味じゃないよ

じみー作業けっこう多いですよね。

 

 

 

まとめ

「ブルーピリオド」の名言をまとめました!クリエイターならなおさらぐさぐさ刺さるはず…テンション爆上げした人もいるはず…

漫画関係の名言はこちらでも!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。