どう選ぶ?愛犬にぴったりのトリミングサロン

プードルやテリア系の長毛種の場合、1~2か月に1回トリミングサロンで毛のお手入れをする必要があります。我が家の愛犬もテリア系なので、1カ月もたつと毛がボサボサ。衛生状態も悪くなるので、定期的なサロン通いは必須です。

でも、愛犬にぴったりのサロン選びって、とっても難しい。近いから…という理由で選ぶと、愛犬にとんでもないストレスをかけてしまうことがあります。

この記事では、トリミングサロンを選ぶときに大切にすべきポイント(※)を、トリミングサロン選びに大失敗の経験がある飼い主が、経験談たっぷりにご紹介します。

※前提として、トリミングサロンが初めて・苦手な子を主に対象にしています。ドッグショーやモデル活動をしている子、持病がある子、にはまた異なる観点があると思いますので、ご了承ください。

 

「お手入れセット」でお試しさせてくれるか

トリミングサロンが慣れていない子犬や、サロンが苦手な成犬にとって、最初は「サロン=怖い場所」まずは簡単なお手入れからしてもらい、慣らしていくことが必要です。

(※後述していますが、我が家はこのステップをぶっ飛ばしてしまい、大失敗サロンデビューとなりました)

 

お手入れセット

  • 爪切り
  • 足裏バリカン(肉球の間の毛をバリカンでカットする)
  • 肛門腺しぼり(肛門腺にたまった分泌液を出す)
  • 耳掃除

 

「初めてなのでお手入れセットだけお願いできますか?」と聞いて、「もちろん大丈夫ですよ」と快諾してくれるサロンを選ぶのがおすすめです。

ここで、「うち、セットだけはやってないんですよ~」というサロンは「愛犬の安全や心に寄り添ってくれない」サロンである可能性が大です。(利益重視、人手が足らない、等)

 

coco
最初に「お手入れ」をお願いすると、サロンの雰囲気、トリマーさんの人柄や腕もわかります

 

愛犬も「サロン=怖くない」という体験ができれば、サロンデビューは成功!

次回は「お手入れ+シャンプー」など、だんだん量を増やしていき、「サロン=気持ちよくなる場所、楽しい場所」という風に覚えていってもらいましょう。

 

安全第一主義か

悲しいながら、トリミングサロンでのケガの話は、時々耳にします。

トリミングサロンでの大きなケガの例

  • 「目にシャンプーが入っていたようで、次の日に目が腫れた
  • 「耳のカットをするときに、誤って耳を切られて出血した
  • 「無理やり足を上げたのか、後ろ足をケンケンしている」
  • 「爪を切られすぎて、大量出血してしまった」

ここまで大きなケガではありませんが、我が家の愛犬たちも経験があります。

トリミングサロンでの小さなケガの例

  • 「バリカンを強く当てすぎたようで、皮膚がバリカン負け。数日は皮膚が赤くなっていた」
  • 「耳毛を抜くときに強くやりすぎたようで、毛穴から少々出血

きれいになるはずのトリミングサロンでケガをするなんて、もってのほかです。

 

ケガをする原因はいろいろと考えられます。

トリミングサロンでのケガの原因

  • トリマーさんの腕、スキル不足。
  • 予約を入れすぎていたり、専任トリマーさんがおらず、「片手間作業」でミスをする。
  • 愛犬がトリミングサロンでのお手入れに慣れておらず、嫌がったり暴れたりする。トリマーさんも対応しきれずケガをしやすい。

 

トリマーさんの腕やスキル、「片手間作業」でないかどうかは、サロンを選ぶときに飼い主側でコントロールできます。

でも、最後の1つは愛犬のことなので、細かいところまではコントロールできません。

そのため、もし爪切りが苦手な子であれば、「爪切りが苦手なので、あまりにも嫌がるようなら、できる範囲でやってもらえれば大丈夫です。ケガしないように。」と、お願いする前にトリマーさんに相談してみましょう。

 

そこで、「わかりました!ケガしないようにできる範囲で仕上げますね」と快く快諾してくれるトリマーさんは「愛犬のことを考えてくれる」人。逆に「あーはいはいわかりました」程度の相槌の人は、ちょっと要注意かなと思います。

 

長時間のお預け厳禁!専属トリマーさんはいるか

注意していただきたいのが、「専属トリマーさんがいるかどうか」です。専属トリマーさんがいるのといないのとでは、結果が大違いです。

我が家は、兄犬が生後約5カ月の時に、いつも通っている動物病院で初めてのトリミングをお願いしました。周りの飼い主さんもたくさんお願いしていたし、何か途中で具合が悪くなった時も、動物病院だから安心という考えもありました。

 

coco

しかし…これが大大大失敗。

 

動物看護士さん兼トリマーさんが、トリミングを担当してくれたのですが、なんと、診察の合間にトリミングをするスタイルだったのです。

 

我が家の兄犬は、犬生初のトリミングにもかかわらず、「片手間」でトリミングされる羽目に…。

当然お忙しい中トリミングをするわけですから、愛犬の気持ちに寄り添う余裕もそこまでなかったのでしょう。

「ほら!がんばって!」と強引にシャンプーとカットを済ませ、しかも、患者さんが来院すれば、少しの間愛犬は放置不安で緊張の時間が続くばかり。

(※なぜトリミングの時の様子がわかったかというと、後日診察で訪れた際に、他のワンちゃんがトリミングされているところを目撃したのです)

普通、トリミングサロンにお預けして、トリマーさんが1匹にしっかりと時間をかけてくれた場合でも、2~3時間で作業は終了します。(※愛犬の大きさや毛の伸び具合にもよりますが)

でも、当時何もわからなかった私の大切な愛犬は、合計で5時間ほどのお預けになってしまいました

 

coco
本当に、結構放置されていたんだと思います…。今思い出しても心が痛みます。忘れてくれているといいのですが…。

 

帰宅した後、愛犬はぐったり。

 

その後お昼寝をしていたのですが、突然嗚咽を始め、大量に嘔吐してしまいました。嘔吐物の中からは、自分の毛とシャンプーの泡のようなものも…。

すぐに病院に連絡をしたのですが、「お疲れなんだと思いますので、寝せて様子をみてください」と言われ、愕然。

 

coco
実際、次の日になったら愛犬はケロッとしていたので良かったのですが、「もう二度と片手間でやるサロンには預けない!」と誓いました。

 

動物病院でも、きちんと専属トリマーさんが在籍し、しっかりと愛犬に時間をかけてやってくれるところももちろんあります。


逆に、トリミングサロンでも、人手が少なく、受付業務や電話応対をトリマーさんが頻繁にしなくてはいけない状況である場合は要注意です。

 

トリマーさんの人柄・受賞歴

そんなわけで、初回のトリミングサロン選びに大失敗した我が家…。

その後約1年間は、バリカンやハサミ、爪切りなど道具をそろえ「自宅トリミング」をしていました。

でも…。やっぱり素人。乾かしたはずなのに乾かし切れておらず、毛玉ができてしまったり。

カットに失敗して愛犬の肌を傷つけてしまったり。私が愛犬に噛まれて、指から出血したこともありましたし、なにしろ、ぐちゃぐちゃです笑

 

そこで、一念発起してトリミングサロン選びを再開したときに、最も気にしたのが、トリマーさんの人柄や受賞歴などの腕です。

 

すっかりトリミングサロン大嫌いになってしまった兄犬ですが、唯一の光は「人が大好きなこと」。

coco

特に「チヤホヤ優しくしてくれる若い女の人」が大好きです笑。「落ち着いた雰囲気の若い男の人」も好きです笑。

 

なので、兄犬好みのトリマーさんなら、少しずつ心を開いて、お手入れもさせてくれるかなあと思ったのです。

 

実際、子犬や愛犬がトリミングサロンに慣れ、ストレスなくお手入れをしてくれるようになるために一番必要なのが、「トリマーさんを信頼する/好きになる」かどうか、だそう。

 

  • 「この人は優しい」
  • 「この人は痛いことや怖いことはしない」
  • 「この人に触られていると気持ちが良い」

 

こんな風に愛犬が感じてくれるかどうかが、トリミングサロン好きな犬になるための一歩です。

 

幸い、「チヤホヤ優しくしてくれるお姉さん」に出会うことができ、トリミングサロン再デビュー。

(↑ちょっと不安そうですが…見守る飼い主の方が不安でした笑)

しかも、「安全第一主義」の素晴らしいトリマーさんだったので、「できる範囲で仕上げました」と、苦手な耳周りのカットはなし。カットの時間を最小限にするために、めちゃくちゃ手早く仕上げてくれました。

 

coco
帰宅した後もぐったりした様子はなく、元気元気。お迎えに行った際なんて、お姉さんと弟犬とキャッキャと遊んでいて、涙ぐみました…笑

 

その後、担当トリマーさんが、これまた兄犬好みの「落ち着いた雰囲気のお兄さん」に変わりましたが、この方がトリミングコンテストでの受賞歴がある方で、めちゃくちゃうまい!

カットのスキルはもちろんですが、スピード、そして、犬の扱い方がバツグンにうまいのです。

  • 我が家の兄犬を、大好きなピーピー鳴るおもちゃに集中させておきながら、ささっとカット。
  • 「やめろよ~」と嫌がる様子が見られたら、すこし休憩。もう一度頑張れそうなときになったら、ささっとカット(※くりかえし笑)

 

(↑撮影する飼い主を窓越しに凝視。)

細かいことを何も言わなくても、お手入れしやすく、とってもキュートなカットに仕上げてくれます。

受賞歴自体は一つの指標にしかすぎないという意見もありますが、やはり賞を受賞するほど鍛錬を重ねた方って、すごいんだな~といつも感心しています。

 

待ち時間はケージ?フリースペース?

トリミングサロンに預けると、多かれ少なかれ愛犬に「待ち時間」は発生します。

待ち時間が多すぎるのは問題ですが、カットが終わってから飼い主のお迎えを待っている時間や、トリマーさんがおトイレや電話対応ですこし離れる時間などです。

 

最近では、トリミングサロンの中に犬が遊べるフリースペースがあって、トリミングの前後はそのフリースペースで遊びながら待つことができるサロンを多く目にするようになりました。

ケージの中で一人のんびり過ごすのが好きな子もいるので一概に「おすすめ」とは断定できません。

でも、我が家の犬のように「じっとしているのがストレス」な若い犬、活動的な犬にとっては、フリースペースで自由に遊べるのはとっても良いのではと思います。

 

coco
「トリミングサロン=遊べる場所・楽しい場所」と記憶してもらえれば、飼い主も安心です。

 

サロンの管理体制・シャンプー類のクオリティ

サロンの管理体制は、特に衛生面がチェックすべきポイントです。

サロンが衛生的かどうかをチェックするとき、私が気にしていることを紹介しますね。

 

「動物取扱業登録証」が掲げられているか

サロン経営には動物取扱業の取得・登録・表記が義務付けられています。これがないところは論外!

他のところを探しましょう。

 

「ワクチン・狂犬病予防接種済」証明書の提示を求めるか

これは賛否両論ありますが、個人的には、来店してくれたワンちゃんが病気にならないように気を配ってくれているかどうかを見極めるポイントだと思います。

 

coco
シニア犬や闘病中でワクチンが打てない子もいますし、そういった子たちをトリミングするサロンの存在もとっても大切だと思います。この考え方が全てではありません!

 

お店の匂いが清潔か

犬の匂いはもちろんします笑。が、下水臭くないか、カビ臭くないかなどはしっかり確認すべきポイントです。

 

シャンプー・おやつ類のクオリティーはどうか

販売している商品のクオリティを見れば、そのサロンの「意識の高さ」が一目瞭然です(←偉そうですが…飼い主は真剣なのです!笑)。

オーガニック素材のおやつや、非刺激性のシャンプー、高品質素材でできたおもちゃやお手入れグッズなど、「犬の健康」を真剣に考えているサロンは、取り揃えている商品も質が高いです。

きれいにしてもらうはずのサロンで、ノミ・ダニ・病気をもらってきてしまっては、意味がありませんし、合わないシャンプーで肌が荒れてしまっても最悪です。

coco
大切な愛犬ですから、最低限の衛生面のクオリティが担保されているトリミングサロンを選んでくださいね。

まとめ

トリミングサロンを選ぶ際に注意すべきポイントを、体験談を交えながらご紹介しました。

長毛の犬種は、好きでも嫌いでも、お手入れは一生必要。どうせやるなら「気持ちがいい」と思ってもらいながらお手入れしてほしいですよね。

 

やっぱり、飼い主さんがどれだけ意識してトリミングサロンを選ぶかで、愛犬のストレスが天と地ほど違います。ぜひ、我が家のようにトリミングサロン選びに失敗しないように、選び方を参考にしてもらえれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。