子犬のトイレトレーニング。失敗の末わかった正解とは

子犬が家にやってきて、まず一番最初に行うしつけが、トイレトレーニングなのではないでしょうか?

犬のしつけ本に書いてある通りにしているのにどうにもうまくいかない…。私も、犬を飼うのが初めてだったので、最初の1匹目は結構苦労しました。

そこでこの記事では、私が経験した犬のトイレトレーニングで正解だったこと、失敗したことをご紹介します。

トイレトレーニングで正解だったこと

我が家は多頭飼いで2匹の犬がおり、1度引っ越しも経験しているので、トイレトレーニングは2匹+引っ越し時の合計3回行いました。

その中で「これはうまくいったな~正解だったな~」と思うことをご紹介します。

最初はすぐにトイレシートを片付けない

犬がオシッコをするときって、必ず地面の匂いをクンクンかいでからしますよね。

 

お散歩中であれば土や草、家の中であればトイレトレーに残ったオシッコの匂いを嗅いで、「あ、ここはトイレだな」と認識するのです。

 

そのため、トイレトレーニング初期は特に、1回トイレでオシッコが成功したら、トイレシートを片付けずに次回までそのままにしておくことです。

(↑わかりづらいですが、下の方にオシッコの後があります)

特に、小型犬の子犬は1回でするオシッコの量も少なく匂いがトレイに残りづらいため、トイレシートを残しておいてあげると、次回トイレを認識するときに見つけやすくなります。

 

coco

ちょっと汚い…と思う方もいるかもしれませんが、最初が肝心!

のちにお部屋の中でされるよりは、最初にトイレシートを何回か変えないほうがずっと楽です。

 

もし匂いが気になるようでしたら、ペット用の消臭剤を吹きかけておきましょう。犬は人間の50倍以上匂いをかぎ分けることができるので、人間には感知できないオシッコの残り香をきちんとかぎわけ、トイレと認識してくれます。

 

家族で合図をそろえ、成功したらほめる

これは、どの犬のしつけ本にも書いてある基本のき!だと思います。

 

盲点としては、家族でオシッコの合図がそろっていないこと。

  • お母さんは「チッチ」
  • お父さんは「ワンツー」
  • 子どもたちは「チッコ」

これだと、犬を混乱させてしまいます。

 

細かいですが「チッチー」と「チーチー」も異なります。犬は言語を持たない分、音の抑揚・高さ・長さで言葉を理解するので、「チッチー」と「チーチー」は別物と認識されます。

 

慣れてくれば「チ」の音だけで認識してくれますが、子犬の段階では、全く同じにしておくと良いと思います。

 

coco

ちなみに、我が家は「チーチー」です笑

 

そして、トイレに成功したら、心の底から盛大にほめる。ほめる言葉も「GOOD!」「いい子」など家族でそろえておくと良いです。

ただ、心の底からほめないと意味がありません

 

犬を飼うことのメリット体験談の記事でもご紹介したのですが、犬は人間の気持ちをテレパシーか何かで感じる能力があるので、口だけで「GOOD」と言っていてもバレます。笑

 

coco
心からの「褒め」は、必ず愛犬は感じ取ってくれます。

 

我が家では、成犬になりオシッコの失敗もほぼなくなった今でも毎日、トイレトレーでオシッコをしたら必ず褒めています

(↑愛犬も「へへっ」という顔をしています笑。)

 

なぜ今でもするかというと、シニア期のことを考えて。

シニア期になると、人間と同様、排せつ機能も老化し、なかなか若い時ほど勢いよくオシッコをしてくれなくなります。

 

でも、ため込んでいると毒素が体にたまってしまうので、「チーチー」と合図し、オシッコをしてくれたら心からほめて、「私(飼い主)は嬉しいよ」と伝えることが、健康維持のためにとっても大切になります。

子供のときのトイレトレーニングが、いずれシニア期の健康維持につながるので、しっかりと言葉と共に覚えてもらうと良いと思います。

 

寝るスペースとトイレスペースには仕切りを

子犬が家にやってきて、一番最初に過ごす場所がケージです。

犬にとって人間のサイズに合わせた部屋で寝ることは、人間が小学校の体育館で寝るようなもので落ち着きません。

 

そのため、部屋の中に仕切りをおいて、犬サイズの部屋を作ってあげるものがケージです。

 

ケージの中には

  • ベッド
  • トイレ
  • お水
  • クレート(※なくても良いですが、天井つきで暗い場所の方が落ち着く子もいます)

を置くと思います。

 

ケージの中でのトイレトレーニングの成功のコツ

  • ベッドとトイレを真横に置かない
  • もしスペース上置かざるを得ない場合は、仕切りをして「違う場所だよ」という認識を促す

 

最近では、トイレスペース、ベッドスペースに仕切りがあるケージもあるので、便利です。

 

我が家のケージは仕切りがないタイプのものだったので、ベッドを置いたすぐ横にトイレトレーを置かざるを得ませんでした。

 

最初、仕切りナシでベッドの横にトイレを置いていたところ、トイレトレーでオシッコしてくれたものの、ベッドに少々はみ出しまして…笑。

ベッドとトイレの境目もトイレになってしまいました笑。

 

coco

仕切りは100円ショップの白い網で十分です!ケージに網を固定するときは、噛んでもすぐには噛み切れない「結束バンド」がおすすめです。

 

ビニールテープなどの紐を使うと、遊んで食べてしまって危険です。定期的にケージの中をチェックしてみてくださいね。

 

トイレで寝てしまっても怒らない

我が家の2匹ともそうでしたし、知り合いの飼い主さんもみんな口々に話すのが、「子犬の頃はトイレで寝てしまう」です。

(↑思いっきりトイレの上で寝ています)

 

あまりにも汚れているとさすがに寝ないのですが、トイレシートを変えたばっかり、1回くらいオシッコした後くらいだと、平気でトイレトレーの上で寝たりくつろいだりしています。

 

coco

なかなか人間には理解できない行動ですが、子犬の時はとくに、トイレに自分の匂いがついているので、くっついて匂いをかいでいると落ち着くのだそうです。

 

子犬は、産まれてからすぐの新生児のときは、自分でオシッコもウンチもすることができないので、母犬がお尻や外陰部をなめて刺激を与えて促します。

当然その場でするので、体に匂いがつきます

 

また、少し大きくなり自分でオシッコをするようになったときも、まだトイレトレーニングはしていないので、そこらじゅうでします。当然体に匂いがつきます。

 

自分だけではなく兄弟姉妹犬もみんなそんな感じで、みんなで固まって寝るので、オシッコの香りをかぎながら寝ているのに近い状態です。

子犬時期はまだそのときの記憶が近いので、オシッコの匂いに近い香りの中で寝たり、くつろいだりするのが落ち着くのだそうです。

 

だんだん成犬になるにつれて、特にオスは「オシッコする=縄張りを主張する」という意味合いが強くなってくるので、次第に自分とは遠い場所でオシッコをしたがるようになります。

 

犬は綺麗好きともいわれるので、成犬になると、自分のベッドの近くにトイレがあるのを嫌がる子も多くいます。

 

coco
子犬の時にトイレトレーでくつろいでいでも、怒らないであげてください!

 

「トイレトレーにくるとか飼い主さんに怒られる」と覚えてしまうと、トイレトレーに行くこと自体嫌がってしまい、トイレトレーニングもうまくいきません。

 

新しい家に慣れ、飼い主さんに慣れてくると、飼い主さんの匂いが犬にとって一番落ち着く匂いになるので、心配しなくても大丈夫。気長に構えてくださいね。

 

ケージの外の世界は徐々に広げる

子犬の時は、ケージの中にいても、さほど「狭さ」を感じません。

 

ですが、生後4カ月~6か月にもなると、見違えるほど子犬は大きくなり「部屋の外に出たい!走り回りたい!」と訴えてきます笑。

(↑トイレトレーの上に鎮座しながら要求)

 

部屋の中に出した途端に起こるのがトイレの失敗。我が家もそうでしたし、どこのご家庭でも必ずと言っていいほどぶつかるステージです。

 

部屋の中をワーワー遊んでいて、急に催してその場でジャー…。飼い主さんはキャー。笑

 

coco

「トイレトレーニング第二章」のはじまりです。笑

 

ケージの中は、ベッドとトイレトレーとクレートでも置けばもうスペースがないので、配置がとってもシンプルです。

 

でも、部屋の中に一度でると、机はあるわ椅子はあるは、ソファーも座布団もいろいろあるわで、一気に難易度はアップ。

 

coco

わざわざケージに戻り、トイレトレーにしてくれる子は天才!たいてい失敗します。

 

なので、我が家がしたことは、犬が出ることができる部屋の範囲を、まずは狭く区切ることです。

始めは部屋の半分くらいをソファーと100円ショップの仕切りで区切り、できる限り家具もおかず、シンプルにしました。

 

犬が床をクンクンしたり、くるくる回り始めたりとオシッコをするそぶりを見せたら、「はい!こっちに来て!」とケージの中のトイレトレーに誘導

トレイの上でオシッコ成功したら盛大にほめる、を繰り返しました。

 

1週間くらい経過すると、犬の方もルールを理解してきてくれるので、一人でもできるようにだんだんと誘導を緩くしていきます。

一人でできるようになったら、またちょっとだけ部屋を広くします。

 

coco
いきなり広くするとまた失敗するので要注意です。

 

犬が立ち入ることができるエリアを徐々に広げていき、広げるたびにトイレトレーニングをしていけば、次第に部屋の中でフリーに過ごしていても、催せば自分で勝手にケージの中のトイレにしにいってくれますよ。

 

トイレトレーニングで失敗したこと

ここからは、トイレトレーニング中に失敗したこと、また、特にトレーニング中でもなかったけど、間違ったまま過ごしてしまっていたトイレしつけ事例をご紹介します。

トイレトレーの配置を突然変える

これは結構盲点なのでは?という失敗談です。

 

私は、1匹目が子犬の頃、トイレとベッドを逆にしたい(トイレを窓側に置きたい)と思い反転させたところ、見事に愛犬を混乱させ、せっかく覚えてきたのに1からやり直しになったことがあります。

 

 

さらにこりずに、2匹とも成犬になったあと「部屋の模様替えをしよう」と犬のトイレトレーを隣の部屋に移動させたところ、大・大・大失敗。

もともとトイレトレーが置いてあった部屋を寝室にしたため、犬たちは大混乱。

 

coco

「え?え?トイレがあった場所に布団があるよ?え?」となり、布団付近でオシッコされる羽目に…・

 

子犬、成犬限らず、トイレトレーの位置を変えたかったら「十分慣れているときでも、毎日5㎝ずつ動かしていく」くらいのスローペースで行うことをおすすめします。

 

失敗したあとの匂い残り

犬の嗅覚細胞は人間の50倍以上もあり、かなり微細な匂いをかぎ分けることができます。

 

すなわち、トイレを失敗した後に「さっと拭く」程度では、完全に人間の負けです笑。わかってはいるものの、つい適当にやってしまったりすると、またお掃除する羽目になります。

 

オシッコ失敗時の掃除

  • オシッコをふき取る(ドライシートやドライタオルなど)
  • 水ぶきする(ウェットシートなど)
  • 匂い取りのスプレーやクリーナーを吹きかける
  • 再度ドライでふきとる
  • ダメ押しで匂い取りのスプレーやクリーナーを吹きかける

 

ダメ押しで匂い取りをするのがポイントで、気合を入れて掃除するのが大切です笑。

(↑掃除道具と戦う子もいます笑)

 

子犬のトイレトレーニングの際は、60㎝×60㎝などの敷き詰め型の犬・子供用の滑り止めマットを使用するのがおすすめ。

失敗されたら丸洗いするか、汚れがひどい時は廃棄します。

(↑滑り止めマットをはがして遊ぶ子もいます笑)

 

廃棄はもったいない…と思うかもしれませんが、匂いが少しでも残っていると容赦なくされますので、早くトイレの場所を覚えてもらうためにも、思い切って廃棄するのがおすすめです。

 

トイレを何か所にも設置

典型的な失敗例です。

オシッコを良く失敗してしまう場所に、もう一つトイレを置いてしまうというアイディア。

これ、めちゃくちゃ間違っています。笑

 

犬は結局「おしっこの匂いが残っている場所」=「トイレ」という認識をするので、オシッコの匂いがついているエリアを広げれば広げるほど、トイレエリアが広がっていくのです。

 

また、多頭飼いでよくあるのが、トイレを複数個用意すること。

何を隠そう、我が家がこのスタイルで、トイレを2個並べておりました笑!

 

coco
場所の広さ的には、人間のトイレよりも犬のトイレエリアの方が広かったのではないでしょうか…笑

 

なぜ2個置いたかというと、たまに2匹同時におしっこをするときがあり、1匹する場所がなく、トイレの前でしてしまったことがあったからです。

でも、ある時犬のトレーナーさんに家の中の配置をチェックしてもらったところ、「はい、アウトー!トイレは1個にしてください!笑」と言われ、即刻1個に。

coco

実際やってみると…「あれ?」と思うほど問題なく2匹ともトイレ成功

 

結局、トイレの広さは関係なく、「匂いがついている場所」=「トイレ」という認識のようです。

 

まとめ

犬を飼ったら必ずぶつかる、トイレトレーニングのコツと失敗談をご紹介しました。

トイレトレーニングがうまくいかないと、お掃除ばかりでとっても憂鬱。無駄に忙しくなるのでイライラしてしまうこともあると思います。

でも!続けていればほぼ100%犬はトイレを覚えてくれます。一晩でできるようになるのは難しいですが、いつか必ずできるようになるので、焦らずに続けていってください。

 

トイレ成功したら「心から」褒めることもとっても大切。がんばってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。