【書評あり】元SDN48大木亜希子さんが同棲する「おっさん・ササポン」は誰?本名や顔画像は?

2010年に秋元康氏プロデュースSDN48のメンバーとして活動し、2012年に卒業、その後メディア編集部でのPR業務を経て、現在はフリーライターとして活躍する大木亜希子さん。

2019年11月に発売した「人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした」のエッセイが、「衝撃」「斬新」「共感」とめちゃめちゃ話題になっています。

そこで気になるのは「赤の他人のおっさん・ササポン」って誰?!ということ。

同作を読んで大共感・大号泣した筆者が、ネタバレをしない程度にご紹介します!

スポンサーリンク

 

大木亜希子さん執筆「人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした」はどんな話?

「人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした」は、元アイドルの大木亜希子さんが、自身の体験をつづった本。

エッセイかと思いきや、しっかりとした小説の語り口で、大木亜希子さんの文章力の高さが隅々から感じ取れます。

 

おもなあらすじ

  • 大木さんがメディア企業に勤めていた当時、通勤途中に足が動かなくなりフリーズしてしまったところから物語はスタート。
  • 心療内科に通いながら療養するもやむなく退職。
    心は病み、昔の好きだった人も忘れられず、貯金も10万円を切るなど「人生詰んだ」大木さん。
  • そんな時に6歳年上のお姉さんから提案されたのが当時56歳で独り暮らしをする「ササポン」との同居生活。
  • そして、ササポンと「つかず離れず」の同居生活をする中で、大木さんが徐々に「再生」をしていくストーリー。

 

”大木さんが「再生」していくストーリー”と軽くまとめてしまいましたが、このストーリーが本当に共感するし泣けるのです。

ササポンと大木さんの「ぽつりぽつりとする」会話ひとつひとつがめっちゃしみるんですよ~…涙

 

定食屋で最初は見栄を張っていたけど、途中からぶっちゃけ話して泣き出してしまうところとか、、

昔の失恋を引きずりまくり、闇に落ちている大木さんに好物の「山芋の浅漬」を差し入れしてくれるところとか、、

 

大木さんもインタビューで、

 

ササポンと出会ってからの1年半で、度が過ぎた強迫観念や承認欲求といった、ムダなこだわりが薄れた気もします。

引用:ddnavi.com

と語っています。

 

 

 

大木亜希子さんが同棲している「おっさん・ササポン」は誰?本名や顔画像は?

そして、ネットでも話題になっているのが、大木亜希子さんが同棲している「おっさん」こと「ササポン」

 

著書、および、大木さんのインタビューからわかるササポンの特徴としては…

 

ササポンとは?

  • 同居当時は57歳のおっさん
  • 一般企業に勤めている
  • 本名は「笹本」さん
  • 一軒家を所有している
  • 過去にもいろんな人に部屋をシェアしている
  • 奥さんとは15年前に離婚している(毎年カードが届くので円満離婚かな)
  • 中肉中背で眼鏡をかけている
  • 世の中の57歳男性を平均化したらこうなる的な感じ
  • 俳優の小日向文世さんにちょっと似ている
  • 家ではいつもステテコ姿
  • ピアノの演奏ができ、良く弾くのはショパン
  • 好物は「山芋の浅漬」「すいか」
  • 軽井沢に別荘を持っている。週末に出向いて家庭菜園の野菜を食べる

 

引用:著書本文、および r25.jp

「ササポン」のイメージはこんな感じですね。優しそう!

(なるべくラフな服装の小日向さんの画像をのせました(笑))

 

ササポンは、一般の方なので顔画像もなく、今後もメディアにでてくることはないでしょう。

著書の中でも、マスコミからの取材依頼があるけどどうしましょう?と問いかけると「それは遠慮したいね」ときっぱりお断りしていました。

 

大木さんは「ササポン」について、インタビューでこんな風に表現しています。

  • 孤独に強くて、誰かに身を委ねることなく、墓場に入るまで「自分で自分を始末する」と言い続けている人
  • 押し付けがましくもないしおっさん特有の説教臭さもない
  • 見た目は普通のおじさんだが、クラシック音楽を愛するような内面の美しさがある

引用:ddnavi.com

r25.jp

 

ということでした。

 

極めて普通のおっさんだけど、ルームシェアで大木さんを引き寄せるって、普通のおっさんじゃないかな~なんて思います(笑)

 

まとめ

元SDN48の大木亜希子さんの著書の中に出てくる「おっさん」こと「ササポン」についてご紹介しました。

 

自分とは全く違う視界を持った人と、良い距離感を保ちながらコンタクトを重ねていくと、

パーっと目の前が晴れるような気付きがあって、じわじわと価値観や人生観が変わっていく…ということを本当に見事に描写した本でした。

しかも、ところどころで共感ポイントがあり、めちゃめちゃ泣けます。

 

ぜひ読んでみてくださいね~!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。