コントが始まる|脚本あらすじが面白い!モデル芸人は誰?四千頭身?パンサー?

2021年4月から日本テレビで放送されているドラマ『コントが始まる』。脚本やあらすじが面白いと話題になっていますが、実際は?モデルとなった芸人は、誰かも気になるところですよね。

この記事では、ドラマ『コントが始まる』の気になる話題について、紹介していきます!

スポンサーリンク

コントが始まる|あらすじは?脚本家が話題

まず、ドラマ『コントが始まる』のあらすじと脚本家について、紹介していきましょう。

ドラマのあらすじは?

 

ファミレスでアルバイトをする中浜里穂子は、ひょんな事から週に一度ネタ作りのため来店する売れないお笑いトリオ・マクベスの3人に興味を持ち、ネットでマクベスのネタを見たり調べたりしているうちに、いつしかマクベスの熱狂的なファンになっていたのです。

ところがそれから1年後、マクベスの単独ライブに初めて足を運んだ里穂子は、ライブ終了後にマクベスの解散発表を知って大きなショックを受けます。
一方、そんなマクベスの3人は自分達の将来について悩んでいました。トリオを結成したは良いものの、オーディションには1度も合格せず、月1の単独ライブも空席が目立つ状況。そんな彼らは「デビューから10年経っても売れなかったら解散」という約束をしていました。

そんな中、「次のネタ見せオーディションに不合格なら解散」と決めて、オーディションに挑みましたが、敢え無く玉砕。翌日の単独ライブでマクベスは来月の単独ライブで解散すると数少ないファン達に発表しました。

しかし、ライブ終了後、いつもファミレスで接客してくれる里穂子を客席に見つけたマクベスのリーダー・高岩春斗は、呆然と帰路に着く彼女に声を掛けた事がきっかけで、交流が始まるのでした。

ドラマの脚本家は誰?

ドラマ『コントが始まる』には、原作は無く、脚本家・金子茂樹さんのオリジナル脚本となっています。

 

金子茂樹さん略歴

  • 2004年、『初仕事納め』で第16回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞したことを機に脚本家としてデビュー
  • 2018年、『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)で第6回市川森一脚本賞を受賞
  • 2020年、『俺の話は長い』(日本テレビ系)で、第38回向田邦子賞、東京ドラマアウォード2020 個人賞部門・脚本賞を受賞

この他にも代表作には、『プロポーズ大作戦』『ハチミツとクローバー』(共にフジテレビ系)などがあります。

ひとことで言うと、めっちゃ大御所!です笑。それは面白いですよね~

 

スポンサーリンク

コントが始まる|モデル芸人は誰?

ドラマ『コントが始まる』には、モデルになった芸人がいるらしいですが、実際はどうなのでしょうか?

Twitter上では…。

といった声がありました。

  • かたつむり
  • 四千頭身
  • パンサー

あたりが候補としてあるようですね。

個人的には四千頭身に一票かなあ~~・・・笑

もしかしたら、ドラマでモデルとなった芸人がチョイ役で出てくるかもしれませんね!

まとめ

ドラマ『コントが始まる』の話題について、紹介しました。

既に話題になっている作品で、今期ドラマのベスト3に入ると言っている人もいるほど。今後の展開に注目ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。