逆詐欺映画「すみっコぐらし」で大人が号泣。「エモエモのエモ」「今年一番」の声続々

文具、雑貨などの販売を手がけるサンエックスが2012年から展開するキャラクター「すみっコぐらし」の映画が2019年11月8日より公開しました。

子供向けかと思いきや、「号泣」「エモエモのエモ」「大人の荒んだ心に効く」「心が浄化される」などTwitterで大絶賛。涙が止まらない大人が続出しています。

そこでこの記事では、「すみっコぐらし」とは?どんな映画なの?を、すでに映画を見て号泣した大人の感想とともにご紹介します。

スポンサーリンク

 

「すみっコぐらし」とは?

カフェや部屋など「隅っこが好き」という傾向がある日本人の気持ちをテーマに作られたキャラクターです。

サブタイトルは「ここがおちつくんです」。

 

 

グッズや絵本などはすでに大人気で、キャラクター大賞2019グランプリも受賞しています。

 

 

出典:animeanime.jp

 

キャラクターはたくさんいるのですが、メインは「すみっコ」たち、脇役が「みにっコ」たち

「ぺんぎん」や「しろくま」などの動物や、「とんかつ」や「たぴおか」など物がモチーフになっています。

 

 

彼らの共通点は、性格が控えめでネガティブ。

 

実際に、

  • 「しろくま」は寒がりで北の国から逃げてきた
  • 「とんかつ」は食べ残された(すみっコは脂身だから)
  • 「ねこ」は体形を気にして恥ずかしがり屋
  • 「たぴおか」は吸いにくいからと残されてしまった

 

など、みんな何かしらちょっと隠したい過去や、コンプレックスを持っています。

 

そしてみんな、部屋の隅が好き・落ち着く、という共通点を持っています。

 

 

「すみっコぐらし」の公式HPのコンセプトではこんな風に書かれています。

 

電車に乗ればすみっこの席から埋まり、カフェに行ってもできるだけすみっこの席を確保したい…。

すみっこにいるとなぜか“落ちつく”ということがありませんか?

さむがりの“しろくま”や、自信がない“ぺんぎん?”、食べ残し(?!)の“とんかつ”、はずかしがりやの“ねこ”、正体をかくしている“とかげ”など、ちょっぴりネガティブだけど個性的な“すみっコ”たちがいっぱい。

すみっこが好きな方、すみっこが気になる方、あなたもすみっコなかまになりませんか?

 

 

ちなみに、「すみっコぐらし」を制作したデザイナーさんは、サンエックス社の制作本部デザイン室所属の横溝友里氏。

学生の頃、授業中にノートの隅に描いた落書きがキャラクターのアイディアになっているそう。

 

(「すみっコぐらし」のキャラクターを描く横溝氏)

出典:www.asahi.com

 

 

以前、インタビューで開発秘話をお話しされていました。

 

社内ではデザイナーらによるコンペが数カ月に一回あります。

追い詰められていた時、大学の授業中に描いたメモの隅の落書きに目がとまりました。

今でいう「たぴおか」に似たキャラで、吸いにくいから残されてしまったひねくれものという設定です。

投げやりな感じで、たぴおかに似て中心にいなさそうなキャラを集めて提案したら、まさかの好評

そこから設定を練りながら、今の形に近づいていきました。

 

追い詰められたときに生まれたキャラクターだったのですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

「すみっコぐらし」映画版で大人が号泣

「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」は、サンエックス開発チームが完全監修したオリジナルストーリーの映画。

 

最大の特徴は

  • キャラクターに声優を一切用いず、字幕とナレーションでストーリーが展開されること。

 

ナレーションは、アイドルグループV6の井ノ原快彦さんが担当。

本の読み聞かせのシーンを女優の本上まなみさんが担当しています。

 

出典:www.cinematoday.jp

 

 

あらすじは、「すみっコたちが、絵本の中に吸い込まれてしまい、そこで出会ったひよこのお家を探してあげるというストーリー」。

 

いつもの喫茶店、いつものすみっこ。
その地下室に隠された、ふしぎな絵本とは・・・?

ある日すみっコたちは、お気に入りのおみせ「喫茶すみっコ」の地下室で、
古くなった一冊のとびだす絵本をみつける。

絵本を眺めていると、突然しかけが動き出し、絵本に吸い込まれてしまうすみっコたち。

絵本の世界で出会ったのは、どこからきたのか、自分がだれなのかもわからない、
ひとりぼっちのひよこ・・・?
「このコのおうちをさがそう!」新しいなかまのために、すみっコたちはひとはだ脱ぐことに。

絵本の世界をめぐる旅の、はじまりはじまり。

 

 

キャラクターに癒されまくりではありますが、予告編だけ見ると、「まあ、子ども向けかな…?」と思いますよね。

 

 

ですが…

これが、「逆詐欺映画」と言われる所以!

 

 

実際に映画を見た大人がことごとく号泣しているのです!

 

 

 

大人の心にグッサグサに刺さるワケをこちらのTwitterユーザーさん(ユーザー名が「すみっコぐらし」!)がとってもわかりやすく言語化してくださっています。

 

すっごいわかる…。

分かりすぎてこのコメント見ただけで涙ぐみます…。

 

 

ちなみに、「逆詐欺映画」のワードがTwitterでトレンドになったのもこちらのユーザーさんのコメントだと思われます。

 

「すみっコぐらし」本家の耳にも届いたようですね。(これ以上ない誉め言葉ですよ~!!)

 

 

個人的には、この映画の主題歌PVの中に出てくる、「ぺんぎん」が「ひよこ」にかけたセリフをみて、すでに半泣きになりました。

「おなじだよ」

「じぶんさがしちゅう」

 

 

これは…本当にエモエモのエモ…(ひらがなで書いてくるのもズルい…)

 

こちらの記事もおすすめ

 

 

 

まとめ

「逆詐欺映画」と大人が号泣する「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」のあらすじや、Twitterでの絶賛コメントをご紹介しました。

まだまだ広がりを見せそうな「すみっコぐらし」の映画版。

絶対泣く自信があり、見に行きたいけどどうすればよいか分からない…。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。