一人暮らしの費用東京の社会人編!平均相場は!?男・女の出費や節約術も紹介!

新年度を迎え、新しい生活を迎えた新社会人も多いのではないでしょうか。

中には実家から出て一人暮らしをする方もいると思います。

初めて一人暮らしをする方は、どれくらいの費用がかかるのか不安な方も多いのでは?

今回は、一人暮らしの費用東京の社会人編!平均相場男・女別の出費や節約術も紹介していきます!

スポンサーリンク

一人暮らし費用東京・社会人編|男性の平均相場

(引用:Imaeda)

まず、男性が東京で一人暮らしをする際にかかる費用の相場を見てみましょう。

 

東京で一人暮らし費用 男性

食費:42,200円

水道・光熱費:11,000円

家具・家事用品:3,900円

被服費:3,500円

保健・医療費:5,800円

交通費:3,200円

通信費:7,800円

教養娯楽費:17,300円

交際費・雑費:23,800円

合計:118,500円

 

 

これに家賃が加わりますので、だいたい17万前後といった感じです。(家賃5万円くらいとして)

東京のどの辺に住むかで家賃は大幅に変わってきますので、生活費を押さえたいのであれば、家賃の安いエリアを選ぶことも考えましょう^^

 

ちなみに、SUUMOによる人気エリアの家賃相場は次の通りです。

 

人気駅の家賃相場

  1. 中野:8.0万円
  2. 荻窪:8.2万円
  3. 吉祥寺:8.0万円
  4. 池袋:8.2万円
  5. 新宿:10.1万円
  6. 高円寺:7.6万円
  7. 調布:7.2万円
  8. 渋谷:12.8万円
  9. 三鷹:8.0万円
  10. 目黒:11.7万円

 

 

人気エリアの家賃相場

  1. 港区:12.9万円
  2. 世田谷区:8.7万円
  3. 新宿区:9.3万円
  4. 渋谷区:10.6万円
  5. 目黒区:9.8万円
  6. 文京区:9.2万円
  7. 杉並区:7.9万円
  8. 品川区:8.7万円
  9. 中央区:12.1万円
  10. 千代田区:11.5万円

 

 

この家賃相場を見ると、都心だと生活費は20万円前後になってきそうです^^;

探せば都心でも安い物件はありますので、上手に物件探しをしていきましょう!

 

また、車を持っている場合にはさらに月極駐車場料金(平均30,871円)がかかります!東京はなんでもたけええええ

そして一人暮らしを始める際には家賃+敷金礼金がかかるため、より十分な資金が必要なのはわかりますよね!

入居にかかる費用は、家賃の5か月分前後を見積もっておきましょう。

→安い家賃の部屋探しが気になる方はこちら

スポンサーリンク

一人暮らし費用東京・社会人編|女性の平均相場

(引用:michill)

次に、女性が東京で一人暮らしをする際にかかる費用の相場を見ていきましょう。

東京で一人暮らし費用 女性

食費:34,800円

水道・光熱費:12,300円

家具・家事用品:6,500円

被服費:5,700円

保健・医療費:8,100円

交通費:2,200円

通信費:6,800円

教養娯楽費:13,800円

交際費・雑費:33,400円

合計:123,600円

 

一人暮らしの女性の平均相場は、男性よりも若干高くなるようです。

これに家賃が加わりますので、18万円前後といった感じになりますね。(家賃5万円くらいとして)

女性は化粧品代とか、他にも女性特有のものでお金がかかりますので大変ですよね^^;

→安い家賃の部屋探しが気になる方はこちら

スポンサーリンク

一人暮らしの費用|節約術

(引用:節約の教科書

一人暮らしの費用をなるべく安くするための節約術を、いくつかご紹介していきます。

家賃の安い物件を選ぶ

家賃の安い物件を探すには、次のような条件から選んでみましょう。

  • 急行の止まらない駅から物件を探す
  • 隣の地区・比較的郊外のエリアも範囲に入れて探す
  • 23区近くの市部も候補に入れる
  • 間取りを変更する
  • 設備を妥協する
  • 築年数を妥協する
  • 家賃を交渉する

ある程度の妥協は必要になります。

また、シェアハウスなども検討してみると、安く部屋が借りれると思います。共同生活に抵抗がなければおすすめですよ。

物件によっては初期費用が抑えられるものもありますので、いろいろ見てから選ぶようにしましょう。

  • 敷金・礼金0円の物件を探す
  • フリーレントのある物件を検討する
  • 複数の引越し業者を比較検討する
  • 家具・家電・生活雑貨等を中古で探す
  • 家具・家電のレンタルサービスを検討する

 

ここで、一つ格安お部屋探しの極意をご紹介!

すごく低家賃で初期費用もぐっと抑えられる会社をみつけちゃいました!!

VILLAGE HOUSE」さんっていうんですが、家賃20,000円台からお部屋が見つかります!!

ちなみに、広告塔は、芸人のカンニング「竹山さん」ww



VILLAGE HOUSEさんの特徴

◆セールスポイント◆
・2016年に設立したばかり
・全国47都道府県に1,000物件以上、100,000室以上を展開!
家賃は20,000円台から、敷金・礼金・手数料・更新料・鍵交換が全て無料!
・自分で部屋をカスタマイズできる。
・Village Houseが全ての部屋を管理しているので手続きが簡単
・耐震性能や移住面積など、国土交通省が定める基準を満たしている住居。
・国籍:日本人、または在住外国人(英語、ポルトガル語、日本語)
・家賃が安い割に部屋数多かったり、ベランダが広かったり、敷地内に公園があるなど、良い口コミが多い。
・公営住宅とは違い、所得制限などはなく誰でも入居できる。

 

とにかく、「圧倒的」に安い初期費用がやすい!

例えば、

■ 家賃45,000円の場合
– フリーレント1ヶ月
– 引っ越しサポート(3万円)
– 当月日割1日分の
———————————-
敷金   :0円
礼金   :0円
仲介手数料:0円
鍵交換  :0円
当月日割り:1500円
翌月賃料 :15,000円
翌翌月賃料:0円
———————————-

合計   :16,500円

そんでもって、今はキャンペーン中なので、
最大30,000円の引っ越しサポート &  フリーレント1ヶ月

とりあえず、部屋探しをするときは、個々で検索してからでも遅くない気はします!

2万円代から、見つけよう。

生活費を節約

画像引用:ぱくたそ

食費

最も節約しやすい生活費は食費だと思います。

外食が多いようなら少し控える、できるだけ自炊する・・・料理が得意でないと難しいですが、ネットなどに情報はたくさんありますので、料理が苦手でもできることはありますよ!

生活費を押さえるためには努力も必要なのです^^

ちなみに、これめっちゃ便利なんでおすすめです。

みじん切りめっちゃ面倒だと思っちゃうので、これマジ神(笑)

通信費

通信費用は、大手キャリアから格安SIMに変えたり、プランを見直すことで節約が可能です。

一度、通信費の見直しも検討してみましょう。

水道・光熱費

ガスは、プロパンガスよりも都市ガスの方が安いです。

 

電気代も、安い電力会社にすると、少しでも節約になります。

待機電力を減らしたり、エアコンの設定温度を見直したり、冷蔵庫の使い方を見直すことで、電気代の節約に繋がります。

コツコツ節約することが大切ですよ^^

また、照明器具はLEDライトがおすすめです。

 

画像引用:ぱくたそ

水道代の節約には、お風呂の残り湯の活用や、水の出しっぱなしをやめることが大切です。

食器を洗っている時、歯磨きの時、シャワーを浴びている時・・・水が出しっぱなしになっていませんか?

家計簿

家計簿をつけて無駄を見つけることも効果的です。

家計簿って何となく面倒で、つけても三日坊主な人が多いと思います。

今は便利なアプリなどもありますので、いろいろ探してみると自分に合った家計簿が見つかると思いますよ^^

 

一人暮らしの節約で大事なのは、以下の通り。

  1. 毎月の支出を把握する
  2. 家計簿をつける
  3. 目標貯金額を決める
  4. 先取り貯金をする

 

そんな家計を見直しし、まとめるのに最適なアプリに【Linkx 家計簿】があります。

結構、みんな活用して重宝しているみたいです。


一人暮らしはなかなか大変なので、軌道に乗るまではなんとか生きていればオールオッケーです(笑)

軌道に乗ったらできることからやってみてはいかがでしょうか?

↓↓↓ こちらの記事もおすすめ ↓↓↓

まとめ

今回は、一人暮らしの費用東京の社会人編!平均相場男・女別の出費や節約術も紹介しました!

一人暮らしは大変なことがたくさんありますが、自由だし楽しいこともたくさんあります。

皆さんも小さなことからコツコツと!が大事なので頑張りすぎずに新生活頑張ってくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。