姫野和樹選手の耳の怪我は大丈夫?筋肉の画像もすごい!

ラグビーW杯で日本の快進撃を支えた姫野和樹選手。

倒れた相手のボールを奪う「ジャッカル」は、相手ボールをマイボールにするという大技で、たびたび話題となりました。

そんな姫野和樹選手、ハードトレーニングの勲章ともいえる、耳の怪我についても話題になっています。また、インスタ写真に写る筋肉の画像がやばい!とこちらも話題に。じっくり見ていきましょう!

スポンサーリンク

 

姫野和樹選手プロフィール

笑顔が素敵な姫野和樹選手、まずはプロフィールをご紹介します。

 

 

姫野和樹選手プロフィール

名前:姫野和樹 (ひめの かずき)

生年月日:1994年7月27日生まれ

出身地:愛知県名古屋市

身長:187cm

体重:112㎏

血液型:B型

出身中学:名古屋市立御田中学校

出身高校:中部大学春日丘高等学校

出身大学:帝京大学

所属:トヨタ自動車ヴェルブリッツ

代表背番号:6番

 

ラグビー日本代表選手は平均身長181.9㎝、平均体重98.9kgなので、代表選手の中でもガタイが良いことで知られています

中学校2年生の時にラグビーを始め、春日丘高校1年生と2年生の時に、ラグビーの全国大会「花園」に出場。

高校卒業後は帝京大学へ進学し、4年連続で日本一に輝き、2017年から、ラグビートップリーグ・トヨタ自動車ヴェルブリッツに加入しています。

 

初年度から主将に大抜擢され、新人賞とベスト15をダブル受賞しているという、エリートラガーマンです。

 

 

姫野和樹選手の耳の怪我は大丈夫?

姫野和樹選手を見ていて、つい心配になってしまうのが耳の形。


ラグビー選手や柔道選手など、パワー系のアスリートに見られる耳の形で「耳介血腫」、いわゆる「餃子耳」と呼ばれています。

 

激しいトレーニングや試合で、耳を何度ぶつけたり、圧迫したり、接触を繰り返すことで内出血が起こってしまった状態。触ると痛みを感じる人もいるそうです…。

 

 

治療法は、皮膚と軟骨の間にうっ血した血液を注射器で外に出すそうですが…とっても痛そう。

特にラグビーは、スクラムなどで頻繁に耳を圧迫・接触するので慢性耳血種になりやすく、治療しても元の形に戻らないことも多いそうです。

 

とはいえ、努力の証ですし、ご本人は気にしていないご様子。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Team Dinner🍽 面白い席だったなあー!笑 一致団結して今週も頑張ります😊 #ラグビー日本代表

KAZUKI HIMENO 姫野和樹(@kazukihimeno)がシェアした投稿 –

一般人は驚いてしまいますが、フィジカルもメンタルも鍛え上げられたラガーマンにとっては、ある意味よくある光景なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

姫野和樹選手の筋肉のすごさ

姫野和樹選手についてたびたび話題になるのが、外国人選手に引けを取らない筋肉のすごさ。

インスタを見ていても、ツイッターを見ていても、パンパンに鍛え上げられた筋肉に目が行きますよね。

 

 

 

ベンチプレスは180㎏を上げるという逸話も有名です。60kg程度の男性を3人かつげるという計算…。

 

ウエイトトレーニングでは、「これを挙げられなかったワールドカップで勝てないぞ!」と常に言い聞かせながら取り組んでいるそうです。

 

一番自信を持っているのは、「強いて挙げるなら大胸筋 (胸囲は116cm!)」だそう。

「自分としても意識的に鍛えている」とsportivaのインタビューで語っています。

(出典:sportiva.shueisha.co.jp

 

ちなみに、パワー飯は、ご出身の名古屋名物の「うな重」

練習場の豊田スタジアムの近くに、行きつけのうなぎ屋さんがあるらしいので、偶然居合わせた人はラッキーですね!

 

ラグビー関連はこちらの記事もおすすめ

 

 

 

まとめ

姫野和樹選手についてよく話題に上がる筋肉、耳についてご紹介しました。

インスタを見ていると、鍛え上げられた筋肉にため息が出るばかり…。爪の垢を煎じて飲ませていただきたいくらいです。

W杯は終了しましたが、これからも姫野和樹選手の活躍に要注目ですね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。