羽生結弦の歴代衣装ランキング!今季の衣装もご紹介!

全日本フィギュアで前人未到の新技・4回転アクセルに挑戦し、話題となった羽生結弦選手。

北京オリンピックでの活躍にも期待が高まっています!

羽生結弦選手と言えば、演技の際に着用している衣装が毎回話題ですね。

毎シーズン、羽生選手の華やかな衣装が、ファンを魅了してきました。

今回は、これまでの羽生結弦選手の歴代衣装ランキングと、今季の衣装をご紹介します!

スポンサーリンク

羽生結弦歴代衣装ランキング【10位〜6位】

これまでファンを魅了してきた羽生結弦選手の、歴代衣装ランキングトップ10を発表します!

10位 「ノートルダム・ド・パリ」

第10位は、2010~2011シーズンのフリープログラム「ノートルダム・ド・パリ」で着用した衣装です。

こちらの衣装は、羽生選手がリスペクトする元フィギュアスケーターの、ジョニー・ウィアーさんがデザインしました。

胸元の十字架と、散りばめられた煌めくライトストーンが印象的ですね!

このシーズン、羽生選手は東日本大震災を経験。一時は「もうスケートなんてやってる場合じゃない」と落ち込んでいたところから、「目標を掲げて、上を目指していくしかない。精一杯やれることはやっていこう」と再起を掛けた演技で、感動を与えてくれました。

 

9位 「Hope & Legacy」

第9位は、2016~2017シーズンのフリープログラム「Hope & Legacy」で着用した衣装です。

「Hope & Legacy」(希望と遺産)は、スタジオジブリのアニメーション作曲家で有名な久石譲氏が、長野パラリンピックのフィナーレをプロデュースした際に生まれた楽曲。

緑から鮮やかな蒼、そして深い蒼へと変化するグラデーションが美しい衣装が、「風であったり木であったり、水であったりを自然に表現したい」と語った羽生選手のイメージにぴったりですね!

雄大なテーマをモチーフにした衣装。風になびく肩のスカーフが可憐です。

 

8位 「ホワイト・レジェンド」

第8位は、東日本大震災後のアイスショーで披露した「ホワイト・レジェンド」の衣装です。

羽生選手にとって「ホワイト・レジェンド」は、3.11後のスケートの原点であり、特別な曲。

湖を飛び立つ白鳥のような優雅な衣装で、繊細な白と闇夜のような黒が合わさり、凛とした強さと美しさを感じますね。

震災から立ち直り、再起を誓い羽ばたく羽生選手に感動させられます!

「ホワイト・レジェンド」は羽生結弦選手にとっても、ファンにとっても大事な曲ということでのランクインでした!

 

7位 「The Final Time Traveler」

第7位は、2014年のグランプリファイナルのエキシビションで披露した「The Final Time Traveler」の衣装です。

「The Final Time Traveler」は、アドベンチャーゲーム「タイムトラベラーズ」のエンディングテーマ曲であり、人々の記憶から忘れられてゆく阪神・淡路大震災をテーマとして作られました。

淡い水色に可憐な花をモチーフにしたデザイン。そして裾が広がった長めの袖。こんな儚いイメージの衣装を着こなせる男性は、羽生選手だけでしょう!

同じ震災を経験した立場から、「何かを思い出すきっかけであったり、何かを始めるきっかけであったり、そういうものになれたら」という思いを表現しています。

 

6位 「ロミオとジュリエット」

第6位は、2011~2012シーズンのフリープログラム「ロミオとジュリエット」で着用した衣装です。

2012年に初出場した世界選手権では、このプログラムで銅メダルを獲得。

まだ少年の面影が残る羽生選手。近年はフェミニンな衣装が多い印象ですが、この時はロミオをイメージした凛々しく男らしい衣装でした。童話の王子様のようで素敵ですね!

「ロミオとジュリエット」は、演技・衣装共にファンから愛されているプログラムです。

スポンサーリンク

羽生結弦歴代衣装ランキング【5位〜1位】

それでは気になるランキングベスト5を発表します!

5位 「ロミオとジュリエット」

第5位は、2013 ~ 2014シーズンのフリープログラム「ロミオとジュリエット」で着用した衣装です。

6位の「ロミオとジュリエット」とはプログラムが異なり、こちらは何といってもソチオリンピックで着用したことでも有名ですね!

ソチオリンピックではこの演技によって、日本人男子初の金メダルを獲得した思い出のプログラムです。

この時の衣装は、透明感のある白を基調とし、肩から胸元にかけて華麗なフリルが施され、上品に輝くラインストーンが散りばめられています。

この衣装もジョニー・ウィアーがデザインを手掛けています。ジョニーのデザインは、フェミニンな雰囲気の羽生選手に良く似合っていますね!

 

4位 「パリの散歩道」

第4位は2013 ~ 2014シーズンのショートプログラム「パリの散歩道」で着用した衣装です。

「パリの散歩道」と言えば、ソチオリンピックで羽生選手を一躍有名にしたプログラムですね!

これまでの衣装に多かったラインストーンやフリルなどは一切無く、とってもシンプルなブルーなシャツが新鮮。

シンプルだからこそ、羽生選手の高い技術のスケーティングが際立ち、歴史に残るプログラムになりました。

 

3位 「SEIMEI」

第3位は、2015 ~ 2016シーズンのフリープログラム「SEIMEI」で着用した衣装です。

「SEIMEI」は平昌オリンピックで2大会連続金メダルを獲得したことで有名な楽曲です。

安倍晴明をイメージした和風のデザインの衣装は、これまでのフィギュアの歴史の中でもかなり斬新なデザインですね!

襟の部分を黄緑になっていたり、ボルドーとゴールドの石が散りばめられていたりと、かなりのこだわりが見えます。

「世界観が表れる衣装」にこだわる羽生選手。衣装にも妥協は許しません!

 

2位 「オペラ座の怪人」

第2位は、2014~2015シーズンのフリープログラム「オペラ座の怪人」で着用した衣装です。

この衣装はゴージャスで煌びやかな中にも格調高い上品さがあり、羽生選手にとても良く似合っています。

「オペラ座の怪人」のファントムが、鏡の中からクリスティーヌを誘い込むような振付に、あどけなかった少年から大人への変化を感じたファンも多いでしょう。

羽生選手の男らしい魅力を引き立てる衣装が格好良いです!

 

1位 「ショパン バラード1番」

第1位は、2015~2016シーズンのショートプログラム「ショパン バラード1番」で着用した衣装です。

一見シンプルに見えますが、白~淡いブルーのグラデーションにラインストーンが散りばめられた繊細なデザインです。

「ショパン バラード1番」の、静かな始まりから情熱的な盛り上がりをみせるピアノの旋律に、静かな闘志を秘めた心を表現しているかのような衣装がとても良くマッチしています。

可憐なイメージの羽生選手だからこそ、着こなせる衣装ではないでしょうか。

スポンサーリンク

羽生結弦|2021年ショート&フリーの衣装

今季2021~2022年の羽生結弦選手は、どんな衣装を着ているのでしょうか。

ショートプログラム、フリープログラムそれぞれについて調べてみました!

 

2021年 ショートプログラム「序奏とロンド・カプリチオーソ」

引用:フジテレビSPORTS公式YouTubeチャンネル

先日開催された全日本フィギュアで、今季のプログラムが披露されました。

ショートプログラムは「序奏とロンド・カプリチオーソ」。ピアニスト清塚信也氏が編曲したピアノバージョンです。

 

風になびく淡いブルーの透け感のある衣装ですね。

透明感のある羽生選手のイメージにとても合っています^^

どこか儚げで可憐な雰囲気です。

チョーカーのような首元の飾りには、無数のきらめきが・・・

男性でこんな素敵な衣装が似合うなんて、さすが羽生選手です!

 

2021年 フリープログラム「天と地と」

引用:フジテレビSPORTS公式YouTubeチャンネル

今季のフリープログラムは、大河ドラマのテーマ曲でもある「天と地と」。

このプログラムは、冒頭に4回転アクセルを組み込んでいることに注目が集まりました。

北京オリンピックでの活躍にも期待したいですね!

着物をモチーフにした衣装。和風の衣装と言えば「SEIMEI」ですが、それよりも今季の衣装は柔らかい雰囲気で、桜のような花がデザインされています。

こんな華やかで可憐な衣装を着こなせるのは羽生選手の他にはいないでしょう!

シンプルのようにも見えますが、背中にもこんなに凝ったデザインが!

何とも芸術的な衣装ですね!じっくり鑑賞したいところです^^

↓↓↓ こちらの記事もおすすめ ↓↓↓

まとめ

今回は、これまでの羽生結弦選手の歴代衣装ランキングと、今季の衣装をご紹介しました!

どの衣装も素敵過ぎて、順位を決めるのが難しいですね。

ファンにとっても思い入れのある衣装はそれぞれあるでしょう。

衣装の思い出と共に、羽生選手の感動的な演技の記憶が蘇ります。

北京オリンピックでも、歴史に残る活躍を期待したいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。